ほおじろ通信

~バイク・キャンプ・ガジェットの情報を毎日発信~

【MotoGP・SBK】世界のトップライダーたちを紹介

バイクのレース界隈

SBKはリッターSSを使って行われるレースだし、MotoGPもSSモデルにとって神的な位置のバイクを用いて行われるレース。

そんなMotoGPSBKなんだけど、何も知らずに見てもあまり面白くないという人も多い。

今回は今SSに乗ってる人とか、レースに興味があってみてみたい人に向けてレースに出てるライダーを俺が知ってる範囲内で軽く紹介していくから、トップライダーに関して少しずつ知って楽しくレースを見れるようになろう。

 

マルク・マルケス選手【HONDA】

バイク界の頂点、MotoGP最強のライダー。

今世界で一番速いライダー説があるのがマルケス

2020年の第2戦スペインGPでハイサイド転倒したせいで第3戦のアンダルシアGPを初の欠場。それでもその人気は健在だ。

次のMotoGPでは復活する予定だからチェックしておこう。

アグレッシブなライディング

マルケスのライディングは他の選手に接触しまくることで有名で、ロレンソとかロッシとかともよく接触してる。

ロッシもこれに関して『マルケスはこのスポーツを滅茶苦茶にしている』とか言ってて、二人には確執があるっぽい(ロッシもマルケスを蹴った疑惑があるからどっちも荒め)。

ホルヘ・ロレンソ選手【HONDA→YAMAHA

他のライダーと比べてまとも

接触しまくるライダーとか、蹴った疑惑のあるライダーとかがいる中で特に悪い噂もなくまとも目なライダー。

これは少年の時にオリベ選手をオーバーテイクしようとして思いっきり転倒させた過去があって、それからあまりアグレッシブなライディングをしないようにしてるらしい。

バレンティーノ・ロッシ選手【YAMAHA

足出し走法の考案者。YAMAHAで絶大な人気を誇るレジェンドライダー

こちらもアグレッシブ

最近はそこまで問題は起こしてないけど、マルケスを蹴ったり切れたらちょくちょく問題を起こす。

2005年のスペインGPでは、セテ・ジベルナウ選手と接戦した末に相手のマシンを外に押し出してコースアウトさせたり、ガッツリ接触してる。

マーベリックビニャーレス選手【YAMAHA

YAMAHAの新星ライダー。ロッシの調子が悪い時にも頑張ってた。

リサーチしてもうちょっと書く

アレックス・リンス選手【SUZUKI】

もうちょっとリサーチしてからしっかり書く、乞うご期待。

ジョナサン・レイ選手【KAWASAKI】

今回紹介する中で唯一SBKに出ている選手。KAWASAKIは現在MotoGPには出場していないからKAWASAKIの実質KAWASAKIの今の最強選手。

そのSBKではZX-10R(R)とともに現在6連勝を成し遂げてる。完全にKAWASAKIの独壇場とかしててとんでもない状況。

どういうことなの。